2013年7月22日月曜日

「そのそも」っていわせるな



市川淳信氏の書籍は全て読みました。同じ事が何度も書かれている科学哲学の本。氏の書籍を読むことで、気になっていた
なぜTOC思考プロセスは現状構造ツリーから始める5ステップ法から3cloud法へ移行したのか?
なぜTOC思考プロセスはビジョンを構築するストラテジックIOマップという図が発展しなかったのか?


といったTOCコンサルタントとして分かっておくべき重大な事もわかるようになってきたすばらしい本です。哲学とかに興味ある方にはおすすめです。



哲学の話になるので難しいのですが、この話は会議やプロジェクト運営の実務に関わる話しで重要
とくに先週TOC思考プロセスの研修をしていたので特に考えるところがあり少し書いてみます。


市川氏の書籍に科学が進化する5つの条件の4番目に過程論という話しがあります。
過程論の反対は目的論ですが、科学は目的論によるアプローチを捨てて、過程論の話しに集中するようになり爆発的に発展したそうです。

例えば、「クジャクの雄はきれいな羽を持っている」これを説明するときなぜ綺麗な羽を持っているのかを考えていく目的論のアプローチと、綺麗な羽がどのように出来上がるのかを考えていく過程論のアプローチ二つがあるとのこと。

目的論で考えていくと、
「綺麗な羽を持っている目的は、メスに注目されるため」
更に目的を考えると
「メスに注目されたいのは、繁殖をしたいため」
と目的は上位に展開されていきます。しかしこれをどんどん展開すると
「繁殖したいのは、子孫を残すため」
「子孫を残したいのは、????」
「????は神の意志?」
といった具合に必ず神の域のような超越的なところに話しが言ってしまいます。
神の域のような話しはそれが間違っているのかどうか反証できません。
よって不毛な議論になり何も生み出さなくなります。

19世紀以降科学の世界ではこのような目的論によるアプローチをやめて、どのように綺麗な羽ができあがるのかの過程を中心に議論されるようになったそうです。過程については仮説を観察や実験で検証することが可能です。よってどんどん真実がわかるようになってきたとの事です。

我々の会議やプロジェクト運営でも、目的論でアプローチする議論が出てくることがあります。
「そもそも何のためにこれをやるの?」
この議論になるとだいたいが収集つかず不毛な会議になります。

この10年、自分はTOC・アジャイル開発・システム思考 3つほど興味を持ってみてきましたが、TOC・アジャイル開発はどんどん具体的な進め方が進化してきたと感じます。これはTOCは「企業のゴールは儲け続けること」アジャイル開発は「アジャイル宣言」といった目的を決めてしまっており関係者はそれに合意している。その中で、目的を達成するための過程についての議論が中心になっているから爆発的な進化がおこったのかもしれません。

一方、システム思考は色々な方法論が出ているには出ているのですが実務的な進化がすくないような?
システム思考はリーダーシップについて過程よりも目的を問う部分が多く、答えにならない超越的な世界にはいりこんでいっているからでしょうか。 


もちろん目的を考えることが重要ではないとはいえません。会議をする目的・プロジェクトをおこなう目的が合意されていなければ過程を探求してもしかたありません。しかし議論が目的論に入り出したら注意しなければならない。そんなことをちらちら考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿