2013年3月25日月曜日

驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則


プレゼン方法について書かれた物をたまたま連続してみたので私もまとめてみようと。

まずこのブログはブックレビューなのでその手の書籍についてですが、タイトルがいいのは「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則」残念ながら練習する位しか得られません。。

仕事柄色々な本を見てきたのですがこれといって紹介できるほど参考したものはありません。
プレゼンの本ではないのですが「超文章法」野口 悠紀雄著は色々な意味で参考になります。

私のプレゼンは2種類で営業的なセミナー(2時間程度)か研修(1日中)で年間200回ぐらいプレゼンをしています。このペースが7年ぐらい。ほとんど旅芸人状態。そこでプレゼンするときに経験主義的に気をつけていること、気をつけていたこと、自身の振り返りのためにも書いてみます。

<事前準備>

・話の構成

プレゼンの構成はかなり気をつけています。色々な構成方法がありますが、ザ・ゴールに書かれている「何を、何に、どのように変えるのか」にそってプレゼンする事がほとんどです。「問題の提示→解決方向性の提示→具体的な解決策」という進め方。TOCのコンサルタントだからという理由もありますが、結局これが一番わかりやすいように思えるからです。
特に現場の方に話すときは、共感を得るような問題の共有から始める事を重視しています。社内プレゼンではなく、アウェイで話すことが多いので特にここには力を入れています。

「何を、何に、どのように変えるのか」の反対のパターンは、最初に結論をいう、最初に成功事例を話す、最初に商品説明するといったパターンです。これは決裁者プレゼンでは良いのですが多くの場合反感をかい失敗します。
また、どうやっても「何を、何に、どのように変えるのか」の構成で話せない場合、人に話すような内容にまで昇華できていないという事なのでネタを変えます。

・スライドのデザイン
スライドについて色々な議論があります。フォントは16以下は使ってはいけないとか、プレゼンテーションZENのような極端な物から色々。文字だけのスライドばかりは論外ですね。

私は、文字だけのスライドを使うことはほとんどないですが、文字のないスライドも使わないようにしています。
研修会社からの依頼の場合、文字がないスライドだとクレームをうけますし、後で読んでもらう、また他の人に回覧してもらう事を考えるとある程度文字が必要だと思っています。
公演中はスライドをみてもらうよりも話している自分の方をみてもらう事を前提に考えています。
スティーブジョブズの伝説の講演はパワーポイントを使っていませんし、TEDでもスライドが映っているのではなくスピーカーが写っています。その事を考えるとスライドはその場でみてもらうと考えるより後で読んでもらう、共有してもらう目的で作る方がよいかと思っています。

また、プレゼンテーションZENについては、他の人がZEN的にやっている人と同じようなスライドになるので、個性が出せないのでやらないようにしています。

・最後の方にアニメーションを使わない
 プレゼンしていて一番気になるのは時間です。早く終わってしまっても困るし、時間がなくなっても困ります。
これを避けるためにはスライドを少なめにしておき、時間が余りそうならゆっくり話すというのがテクニックになります。しかし、これは相当慣れていないと難しいので人には勧めません。

たいがいは短めに終わってしまうのが怖いのでどうしても多めにスライドを作ってしまうのはしょうがないと思います。ただ気をつけるのは、最後の方のスライドにはアニメーションをつかわないようにしておくという事です。
時間がなくなったとき、最後の方のスライドは早く進める事になりますが、この時スライドにアニメーションがあるとなかなか次に進まずかなりみっともない状態になります。これを避けるため最後の方のスライドにはアニメーションを使わない方が無難です。
プレゼンテーションZENのようなやり方をしたときも同じリスクがありますので十分練習しないと難しいでしょう。

・「この続きは○○で」はやめる
 色々な人と一緒にプレゼンする機会があるのですが「この続きは○○で」としめる人がいます。これはやめた方が・・・・。宣伝するのは目的なので全然問題ないと思いますが、話が面白くないうえ、結論は別のところで、だったら聞いている側は最悪。いままでこのパターンでしめた人を何人も見たことがあるのですが、共通して内容が面白くなく最悪です。。。
聞きに来ている人は貴重な時間を使ってわざわざ聞いてくれているのできちんと結論を話さないと失礼です。

・学生症候群はやめる
プレゼンをぎりぎりまで作って話す人がいますが、これはやめた方が良いです。そうやっている人のプレゼンはだいたい支離滅裂。よっぽどの偉いサンでない限り、早めに完成させて提出してスタッフや他の講演者から意見をもらえるようにした方がよいでしょう。

・練習する
結局の所練習するにつきると思います。うちの社員にはそうアドバイスしています。
一人で口に出して練習するのはもちろん、誰かに聞いてもらえるのがベストです。声に出して話せばロジックが通っているかどうかがわかります。これを繰り返せばきちんとしたロジックのプレゼンができます。どんな競技でも練習しないプロはいないので当たり前。
私の場合だいたい電車の中で黙読して練習します。
<講演当日>

・演壇の目の前に座っている人とは話す前に名刺交換しておく
話しているとき怪訝な顔をする人を見てしまうと一気に落ち着けなくなります。目の前の人と名刺交換して話しておくと、あまり怪訝な顔をして聞かないので、その人をみれば落ち着く、また公演中に質問を投げかける事ができる。こんな理由から名刺交換しておくのはお勧めです。
誰かから聞いたやり方だと思いますが誰だったかは想い出せません。

・話し始める前に口を大きく開ける練習をして滑舌をよくする
これは講演を沢山やっている人が実際にやっているのを真似てやるようにしています。

・最初にスクリーン・プロジェクターの前にたつ
講演を聴いたけど、どんな人が話していたか覚えていない。色々な講演を聴きますがそんな事がほとんどです。聞き手はスクリーンをずっと見ているので当たり前。ほとんどの聞き手はしゃべっているのが誰かみていません。
そこで私の場合、話し出す最初はスクリーンの所に立つ。中央にあるプロジェクターの前にたってスクリーンを消す。といった事をやるようにしています。一番最初は自己紹介なので、そのときは顔を見せて覚えてもらうようにしています。

・なるべく指し棒をつかう。
 これは、ある書籍に「レーザーポインターをちらちら動かすと見ている人の目が疲れるのできとんと固定して使わないといけない。しかした緊張しているとどうしても震えてポインターが動いてしまうので指し棒を使う方が無難。」と書かれているものを読みそうしていました。いまは震えるほど緊張する場面が滅多にないのですが、くせになっていて大きな会場以外では指し棒をつかうようにしています。

・うなづいている人を見る
 これも最近は意識しなくなってしまいましたが、昔は意識していたものです。話しているとき頷いてくれる人がいます。この人を見ながら話すと相当に落ち着け冷静に話せます。
逆に私が面白い話をする人の話を聞くときはなるべく頷きながら聞くようにしています。そうすれば得られることが更に多くなるわけですので。

・大きな声で話す
「どうせ1時間とかで内容まで理解してもらえないので、一生懸命やっていることをわかってもらう事に重点を置くべき」若いときにプレゼン方法についてアドバイス頂いた中で一番覚えている言葉。これは確かです。嫌われても良いので一生懸命大きな声で話すのはとても重要かと。

<フィードバック>
・アンケートをとる
アンケートを採るとき満足しましたか?を5点法でつけてもらうのが普通ですが、あまりフィードバックをえられません。
どんなアンケートがベストかはまだ試行錯誤中ですが、最近意識しているのがノイズを拾わないようにする事。聞いてもらいたくない人が1点、2点つけていても気にしない。聞いてもらいたい人の点数がいくつかが重要です。どうしても全員にうけるよう話したくなりますがこれでは八方美人で何だったのか記憶に残らないプレゼンになるので気をつけなければなりません。
アンケートには問題を最初に話すので、問題に対していかがでしたか(5点法)解決に使えそうですか(5点法)こんな感じがよいかと思っています。

・同じ話を何回もする
色々な人と一緒に講演してきましたが、非常に話のうまい人に共通しているのは、同じ話を何百回もしているという点です。以前私が話した後の基調講演の社長様は500回ぐらい同じ講演をしているとのことで、笑いあり涙ありの上ためになる漫談という感じ。
何回も同じ話をするからうまくなるのか、うまいから何回も同じ話ができる場があるのか、因果関係の検証が必要ですが、何度も話していればうまくて当然、練習するにも通ずるのですが何度も話す事は重要です。

何度も講演するチャンスがあるのに、いつも構成を変えてしまうのはやめた方が良い。改善するときは少しだけパラメーターを変えて結果がどうなるか観察することが重要です。沢山のパラメーターを変えてしまえば違った結果がでても何が良くなったのかわかりません。

・講演すること自体を目的化しない
私の場合話を聞いていただいた方に「やってみよう!!」と思ってもらう事が目的なのですが、どうしても講演に満足して頂き、沢山の拍手をもらう事を目的にしてしまいます。これはまだまだ解決策がみつけられていません。

自省をこめて、だらだら書いてしまいました。

0 件のコメント:

コメントを投稿